Top > 大福餅の起源

大福餅の起源


ボリューム満点♪特大サイズ本格!生クリームアイスと餡の大福餅6個入り

 

大福餅が現在のような形になったのは、江戸時代のことと言われています。
大福餅の原型となったのは、室町時代の鶉餅(うずらもち)。鶉餅はまたの名を「腹太餅(はらぶともち)」ともいい、塩餡が入ってふっくらと膨らんでいるものでした。

大福餅は、この鶉餅に一工夫したもの。記録によると、明和8年(1771年)の冬、江戸・小石川のとある未亡人が作った「おた福餅」なるものが、大福餅のはじまりだそうです。このおた福餅は、鶉餅を平たくし、中身も塩餡ではなく砂糖入りの餡を使ったもので、この未亡人は、これを火鉢で焼いて冬の夜に売り歩いたのです。
おた福餅、その後に江戸で「大福餅」としてブームになりました。

このように、大福餅はもともとは焼いて食べるものでした。たしかに昔ながらの餅で作られた大福餅は、すぐに固くなりますから、特に寒い夜などは、焼かないと美味しく食べられなかったようです。しかし現代では、大福餅のこの点も改良され、固くなる大福餅はあまり見られなくなりました。とはいえ、焼いた大福餅もなかなかいいものですよ。

 学資保険  足の臭い対策  体臭の予防  お歳暮を贈るヒント
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
大福餅とは(2009年8月19日)
大福餅の起源(2009年8月19日)
大福餅の作り方(2009年8月19日)
大福餅の作り方と種類(2009年8月19日)